雑誌型の自分史 IRODORI出版 ひとり編集部 at大阪

安価でプロ制作の自分史ができます。大阪を中心に、【話して作る】自分史を制作するIRODORI出版を起業準備中です

「子どもを本好きに育てたい!」第5回 エリック・カール「はらぺこあおむし」

かなり温かい日が多くなってきました。


きのうはコートを脱ぎました。


でも夕方は、マフラーがいりますね(^^)



さて、


「子どもを本好きに育てたい」シリーズの5回目です。



第1回目は、「子どもを本好きに育てたい!」1 オススメ本 0.1.2.えほん (福音館書店)



第2回目は、「子どもを本好きに育てるたい!」2 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』新井 紀子著



第3回目は、「子どもを本好きに育てたい!」3  秘訣は意外に、「紙芝居」売上ベスト3



第4回目は、「子どもを本好きに育てたい!」4 隠れた名作「カニ ツンツン」(福音館書店 傑作集)



という記事を書かせてもらいました。




今回は、ベストセラーはやっぱり「力」持ってる。



という記事です。




ある日、妻が、本屋で一冊の本を買ってきました。




長男がまだ幼稚園のころだったと思います。




それまで、自分から「この本を買いたい」というのは、


車の本だったり、


音の鳴る、たいこ付の本だったり、


ヒーローものだったのですが、


(これも本に親しむには、いいですよね)


いわゆる絵本を自分から買いたい、ということはありませんでした。




それが「この本買いたい」と長男が、猛烈に主張したのは、


この、エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』だったんです。




そう、あの鮮やかな色彩で「絵本の魔術師」と言われる


ベストセラー絵本作家のエリック・カールです。


正直、おだやかな色使いが好きな私としては、


あんまり私の「買いたい」感じではなかったのですが、


息子は、とってもこの本がお気に入りでした。




でも、これはありがたいことに、


自分の好きな本を見つけた瞬間だったんですね。




親と子で、好きなものが違うのは当たり前のこと、


むしろその子の個性がはっきり現れた瞬間だったわけですね。






それ以来、エリック・カールの本は、何冊も買いました。

あのカラフルな絵が、子どもの心を鷲掴みにするんですね。




しかもエリック・カールの本は、仕掛けがあるんですね。

はらぺこあおむし」は、いろいろな食べ物に、指を入れる穴がありますし、

「パパ、お月さまとって!」は、

月に向かって、降りただんだ絵を伸ばせる仕掛けがあって、素敵な本でしたね。




ちなみに、今年はエリック・カールの『はらぺこあおむし』が誕生して50年だそうです。

その本がいまだに売れ続けているのですから、

すごいことですよね。




なんと、全世界で累計3000万部を販売しているそうです。
そして、60以上の言語に翻訳されているそうですから、

世界中の子どもの心をつかんでいるんですよね。




しかも、調べてみると、この「はらぺこあおむし


おもしろいトピックがいろいろあって、


アメリカではじめて発売された版を印刷・製版したのは日本の会社だったそうです。

 当時、穴を開けたりページを小さく切った仕掛け絵本はコストがかかるため、

 アメリカでは引き受けてくれる会社がなくて、日本の会社が引き受けたそうです。


・「ようちえん絵本大賞」では、第1回(2009年開催)と第2回(2010年開催)で

 2年連続で大賞を受賞したそうです。


最初から、連続受賞って、すごいですよね。




そこで今回は楽天エリック・カール売上ベスト3を紹介します。

一度、買って、リビングの机の上にでもおいておいてください。

知らぬ間に、子どもが夢中になって読んでいると思います。



第1位

はらぺこあおむしボードブック

ボードブックというのは、分厚い表紙になっていて、こどもが扱っても丈夫なので安心な本のことです。



見てください、このレビュー数。


はらぺこあおむし (ボードブック) [ エリック・カール ]

価格:972円
(2019/3/28 11:42時点)
感想(1454件)


感想は、楽天のページを引用すると、

4ヶ月くらいの頃、図書館で通常の紙の方を借りてきて読み聞かせたことがありました。こちらが驚いてしまう程じーっと絵を見て気に入った様子。さすがロングセラー絵本。

家にも置きたいと思い、通常の絵本と迷ったのですがボードブックを購入。結果、こっちにして大正解!
自分でページをめくりたがるのですが、折れ曲がらないボードブックならくしゃくしゃにされる心配もありません。

そして、あおむしがフルーツを食べるページ。絵本に空いた穴に小さな指をすぽっ!ページをめくって今度は両手の指ですぽっ!赤ちゃんの小さな指が、小さな絵本に描かれたフルーツの穴にぴったり収まる姿はなんとも可愛らしくて…。そう言えば、図書館で借りた絵本も穴のフチが広がるように破れていたっけ。きっと息子と同じ事をした子が何人もいたんだろうなーと思うと、何だか笑いがこみ上げてきました。破れないボードブックにして良かった。

初めて息子が「遊んだ」しかけ絵本です。
お気に入りなので、お出かけにもよく持って行きます。これもバッグにいれやすいサイズならではですよね!(ひなっこさん 20代・滋賀県 男の子0歳)


【情報提供・絵本ナビ】




第2位

やっぱり、2位はこれでしたね。


パパ、お月さまとって! (ボードブック


パパ、お月さまとって! (ボードブック) [ エリック・カール ]

価格:972円
(2019/3/28 11:47時点)
感想(84件)




第3位

はらぺこあおむし 英語でもよめる



日本語と英語、両方書いているんですね。

こういう英語の勉強の仕方もあるんですね。



はらぺこあおむし 英語でもよめる [ エリック・カール ]

価格:1,728円
(2019/3/28 11:52時点)
感想(131件)



ちなみに楽天のページには、

一番最初に息子に「はらぺこあおむし」を読んだのはいつなのか記憶がありません。それぐらい良く見る絵本ですし、オススメしてくれる方の多い絵本です。
でも、最初、その魅力がよくわかりませんでした。

何気なく、自分自身が手にとって、読み聞かせとしてではなく、じっくりとよんでみたところ、絵の色の部分がなんとも素敵で、色自体に表情があるような気がします。

今回手に取ったのは英語と日本語と両方で書いてある本です。
日本語の訳の素晴らしさに驚きつつ、英語自体は割と簡単な単語で構成されていて、英語が苦手な私でも大丈夫でした。(ほっぺすきーさん 30代・宮城県 男の子4歳)


【情報提供・絵本ナビ】


というコメントがありました。

私に近い感想ですね。



いやあ、やっぱりベストセラーになる本は「力」持ってると

改めて痛感しました。



以上、子どもを本好きに育てたい、シリーズの5回目でした~。




第1回目「子どもを本好きに育てたい!」オススメ本 0.1.2.えほん (福音館書店
ojisan-chiebukuro.hatenablog.com




第2回目「子どもを本好きに育てるために」2 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』新井 紀子著
ojisan-chiebukuro.hatenablog.com



第3回目「子どもを本好きに育てたい」シリーズ 3回目 秘訣は意外に、「紙芝居」売上ベスト3
ojisan-chiebukuro.hatenablog.com



f:id:ojisan_no_chiebukuro:20191030183556j:plain



 大阪で「話して作る自分史」を制作する IRODORI出版
irodori.jimdosite.com


 スタートアップ期間は、10000円カット

 99800円で雑誌型自分史が作れます。

 ぜひ、起業までもう少しの間、お待ちください。

 (関西限定)