雑誌型の自分史 IRODORI出版 ひとり編集部 at大阪

今なら9万円台! 大阪を中心に、【話して作る自分史】を制作するIRODORI出版を起業しました(関西限定。他の地域もお見積り致します)

前立腺がん 第3回 PSA検査受けるべき?

3回目の記事です。ちなみに、次回、第4回で終了予定です。

続けて読んでくださっている方、もうしばらく、お付き合いください。




1回目の記事はこちら。


ojisan-chiebukuro.hatenablog.com



2回めの記事はこちらです。


ojisan-chiebukuro.hatenablog.com



よかったらお読みください。




さて、前回、おじ(70代、独身、お子さんいない)の

前立腺がんの、ロボット(ダビンチ)での手術に、

至る経過を書かせてもらいました。



alt="前立腺のPSA検査について"



その日、私は立ち会えなかったので、私の家族が、朝から付き添いました。



全身麻酔です。



取材時間は、当初、説明を受けていたより短くて

5時間弱でした。



手術は無事に成功しました。



摘出した患部を見せてもらったそうですが、

赤ちゃんの握りこぶしぐらいの大きさで、

きれいなピンク色をしていて、いわゆる顔つきが良かった、とのことでした。



全身麻酔ですから、おじ自身は、まったく記憶がなく、

気づいたら、病室のベッドの上だったそうです。



alt="前立腺のPSA検査について"



術後は、痛みも少しあり、尿もれもあり、だったそうですが、

それは説明を受けていたとおりでした。



年末年始をはさんだので、少し日数は掛かりましたが、

病院が始業したその日に医師の診察があり、

無事に退院することができました。



そして、後日、今回の手術についての詳しい説明がありました。



alt="前立腺のPSA検査について"



●無事にガンの部位を切除できたこと

●リンパ節などへの転移がなかったこと

●ただ、少し前立腺の膜の外にガンが

 広がり掛けそうだったけれども、そこも切除できたこと



と順調に手術ができた説明がありました。



今後は、3ヶ月に一回、定期的にPSA検査を受けていく、

ということで、「どうぞご安心ください」とのことでした。



心配していた「尿もれ」も、やはりダビンチでの手術だったからか

想像していたより、軽く、おじいわく「日に日に改善していっている」そうです。



今で術後、一ヶ月が経ちますが、

術後の尿もれを「10」とすれば

「6」ぐらいには、改善されてきているようです。



(尿パッドを使用しています)



きょうも元気に、普段どおりの生活をしています。

いたって元気なおじ。



経過を聞きつつ、

まずは、ホッとしている、IRODORI出版ひとり編集部です。






alt="前立腺のPSA検査について"




さて、いよいよここで、本題に入るわけですが、

PSA検査の是非です。



おじの場合は、少しガンが前立腺から、広がりかけていたわけですから、

早期に切除できたので、PSA検査を受けて

よかったわけです。



しかし、ここで私は何気なく検索していた新聞記事を読んで、

PSA検査については、是非があるということを

知ったわけです。



そこで、当事者のそばにいた人間として、

体験を共有しておいたほうがいいなあと思い、

書かせてもらうことにしたのです。



また長文になりました。

次回、いよいよ核心の記事について書かせてもらい、

締めくくろうと思います。



ちなみに、こつこつ、起業準備も進めております。

本日、IRODORI出版の専用封筒を発注しました~。



alt="雑誌型 自分史 大阪 堺"



 堺市に事務所を構え、大阪を中心に、

 取材して自分史を制作する IRODORI出版


www.irodori-story.net


 スタートアップ期間は、10000円カット

 99800円という安価で、雑誌型自分史が作れます。


 (関西限定)