irodori出版 ひとり編集部

大阪を中心に、【話して作る】雑誌型の自分史「SPOTLIGHT」を制作するirodori出版を起業準備中です

なぜ、「話して作る自分史」 irodori出版を起業するのか 第1回

認知症の母について」

 いま、着々と起業に向けて、準備を進めているところです。



 先日は、市内の商工会議所に、新規の創業について、無料の相談窓口があり、

 いろいろとお話をうかがってきました。



 中小企業診断士という肩書の方が親切に相談に乗ってくださり


 ◎事業の内容

 ◎広報の仕方

 ◎青色申告

 のことなど、いろいろ教えていただきました。



 そして、すごくうれしかったのが、

 雑誌型の自分史「SPOTLIGHT」の実物の見本をお見せしたところ、




f:id:ojisan_no_chiebukuro:20200117163203j:plain
自分の写真を表紙にするのが苦手な方は、自然の写真を表紙にできます。





 「このクオリティで、この価格なんですか!!」



 と驚いて、



 「これは事業開始が楽しみですね~」


 
 と、ニコニコ笑ってくださったことでした^_^



 他にも、事業について様々にアドバイスをくださいましたが、

 感触としては、多くの方に喜んでもらえる仕事ができそうだな、



 ということで、とても気持ちの良い時間を過ごさせてもらうことができました。




 さて、本題ですね。




 人物取材などの執筆、編集を主な仕事としてきた私が、

 なぜ、自分史の会社を起業することになったか。


 そのきっかけについて、

 何回かに分けて、書いていきたいと思います。



 そもそも、まず、最初の大きなきっかけとなったのは、

 母の認知症でした。



 母は若年性アルツハイマーを、50代で発症しました。

 当時、私は実家とは別に住んでおり、



 家族から

 「最近、母の物忘れが激しい。かばんを忘れてきた」

 「一人で電車の切符が買えない」

 という連絡を度々受けていました。




 これは、一度検査を受けないといけない、ということで、

 わかったのが、アルツハイマーを発症しているということでした。



 お薬を処方していただきましたが、進行は早く、

 月日とともに、さまざまなことができなくなっていきました。



 すでに結婚していた私でしたが、

 父が中心の介護では難しく、実家に家族とともに帰ることにしました。




 これは妻の献身的な決断があったからこそであり、

 今でも妻に感謝してもしきれません。
 

 
 母はもともと、主婦でしたが、若いころからボランティア活動に熱心で

 障害者の作業所でのボランティアや、ユニセフへの募金活動など、

 自分のことより、人のことを優先するような、人でした。



 「なぜ、そんな母が」
 


 介護生活の最初のころ、母と公園に散歩に行っても、病の影響で、体が傾きます。

 とても不安定なので、そばに付いて歩かないと、危なっかしいのです。



 それでも、落ちているタバコの吸殻を拾って、ゴミ箱に入れようとします。

 救急車の音が聞こえたら、「どうか無事でありますように」と立ち止まって祈ります。

 すごいなあ、と思う反面



 「こんな、人のことを思ってきた母が、なんで病気になってしまったんや…」



 息子として、やるせない思いでした。



 母が還暦を迎えるころ、家族のだれが言い出したのでしょうか、

 私だったかもしれません。



 「お母さんの本を作ろうや」



 人のために一生懸命に生きてきた母ではあるけれども、

 社会的には、名もなく、小さな小さな存在である母。



 病が進行すれば、いずれ、そんな母の生きた証も、次第に消えていってしまう。



 母の、今までの人生が、こんな病気で消えてしまうのが、

 嫌だったのです。



 幸い、兄がデザイナーで、私が文章を扱う仕事をしているのですから、

 事が決まれば、話は早い。



 問題はどうやって、本を作るか、です。



 すでにこのころ、母が記憶を語るのは、難しくなっていました。




 ですので、母に関わるいろんな方に思い出を書いてもらい、

 原稿を集めた書籍を作ることにしました。




 家族はもとより、母の身近な人、学生時代の友人、ボランティア先の施設の方、

 さまざまな方に声をかけ、感想文を寄せてもらい、

 母の元気なころの写真を集めて、

 自費出版しました。

 

 表紙は兄がデザインした虹。タイトルは、ずばり『にじ』です。



 母は、昔から、虹が好きでした。



 「虹は、いろんな色が集まって、きれいな色になってる。

  世の中も、いろんな個性の人がおるから、ええのに、

  ちょっとしたことで差別したりする」



 よく、そんなことを話す理想家の母でした。





f:id:ojisan_no_chiebukuro:20200117163618j:plain




 母といえば思い出す、私のたわいないエピソードですが、

 私が高校生のころ、

 当時、男はあまり行かなかった美容室で、

 パイナップルみたいな奇妙な髪型にして帰ってきたら、

 心の底から面白そうに



 「涼しそうで、ええなあ」

 と笑っていました。



 人と違うことをすることを

 とても楽しんでくれる母でした。



 多くの方に趣旨を説明して原稿をお願いし、文字起こしし、編集するのは、

 かなり骨の折れる作業でした。

(それ以上に、ふだん書かない原稿を書いてくださった方々はたいへんだったでしょう)



 本ができるまで、半年ぐらいは掛かったように思います。



 でも、母の知らない一面をみなさんが教えてくださり、

 結果、家族にとって、まさに、宝物のような本ができあがりました。




 何より、母の病気を人一倍、悲しみ、落ち込んでいた父が、

 とても、とても喜んで、元気が出たのです。




 (あまりにうれしくて、すぐに人に配るので、100部以上も作ったのに、

  もう数冊しかありません)



 このとき、私は思ったのです。



 世の中に、母のような人はたくさんいる。



 普通の人で、有名でもなくて、だけど、一生懸命頑張って生きてきた人。



 そんな人の人生が、病気になったり、亡くなられたりして、

 記憶の中だけになり、いずれ消えていってしまうのは、

 家族にとって、寂しいやろうなあ、と。



 我が家では、たまたま、兄がデザインをし、私が編集作業ができたので、

 自費出版に対するハードルは低かったのですが、

 このような職種の方でないと、なかなか、踏み切れなかったでしょう。



 また、これを全部、業者に頼んだら、50万円以上、

 いや、100万円近くかかったに違いありません。



 これでは、普通は手が出ません



 「なんとか、こういうことが、気軽にできるシステムがあればなあ」

 そう思いました。



 普通の人の、だけど、家族にとってかけがえのない人の人生を

 記録して出版する。



 これが、今回の雑誌型の自分史 irodori出版を起業するに至った

 原点です。



 もちろん、irodori出版では、母の本のように、

 何人もの人に原稿を依頼して、編集するスタイルではありません。

 (もちろん、ご希望があれば見積もりは致しますが、

  やはり50万円~100万円程度掛かります)



 irodori出版の基本パックであれば、

 ご本人のお話を直接うかがって、雑誌型の自分史を作ります。



 徹底的に無駄を省いたシステムを作ったので、

 これだと、10万円を切る価格で、発行することができます。



 家族が、


 「ああ、お父さんって、こんな仕事の苦労があったんや」


 「お母さんって若いころ、こんな青春時代を送ってたんや」


 などなど



 そんな家族の『宝物』を作ることができます。 

 

 もちろん、ご本人が、我が家の母のように話せない場合は(病気や亡くなられていて)、

 そのご主人お一人、あるいは、奥様お一人にお話をうかがって、

 自分史を制作することもできます。




 これだと、基本パックで制作できます(取材するのがおひとりの場合)


 (取材対象者が、複数になると取材費を加算することになってしまいます。ご了承ください)



 ぜひ、あなたの物語を聞かせてください。

 また、大切なご家族の物語を聞かせてください。



 そして、家族や友人の方にとっての『宝物』を作るお手伝いをさせてください。

 


 文章が長くなりました。



 これが、irodori出版を、起業する、原点の体験であり、思いです。

 最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。




 また、後日、起業に至った、他の思いについて、

 続きを書かせてもらいたいと思います。



f:id:ojisan_no_chiebukuro:20191030183556j:plain



 大阪で「話して作る自分史」を制作する irodori出版
irodori.jimdosite.com


 スタートアップ期間は、10000円カット

 99800円で雑誌型自分史が作れます。

 ぜひ、起業までもう少しの間、お待ちください。

 (関西限定)

雑誌型の自分史 「irodori出版」を起業することに致しました。

最初は、自分が実際に使用して「コスパ最強」と思ったものを

紹介するブログだったのですが、

このたび、起業することにしました。



その名もirodori出版。



雑誌型の自分史 専門の出版社です。



ブログのコンセプトそのままに、コスパ最強の自分史を目指して

今、その準備に追われています。



コスパ最強にするために、システムの簡素化が必要です。


・社員は、自分ひとり。(元々、人物取材ライターをしていましたし、DTPも基本はできます)

・地域を限定する。=大阪府(兵庫、京都、奈良、和歌山の一部含む)

・デザインは限定する。


などなど、徹底的に無駄を省き、かつ品質は落とさず、

喜んでもらえる自分史を制作できるシステムづくりに励んでおります。



ということで、久しぶりの記事投稿も、

まずは近況報告とさせていただきました。




以後、起業にあたって気づいたあれこれ、

(まだ準備中で来年からスタートさせます)

を綴っていきたいと思います。



どうぞ、応援のほど、よろしくお願い致します。




f:id:ojisan_no_chiebukuro:20191030183556j:plain
雑誌の表紙 サンプルです。(もう一つパターンがありますが、詳しくはHPで。)


irodori.jimdosite.com

「子どもを本好きに育てたい!」第5回 エリック・カール「はらぺこあおむし」


かなり温かい日が多くなってきました。


きのうはコートを脱ぎました。


でも夕方は、マフラーがいりますね(^^)



さて、


「子どもを本好きに育てたい」シリーズの5回目です。



第1回目は、「子どもを本好きに育てたい!」1 オススメ本 0.1.2.えほん (福音館書店)



第2回目は、「子どもを本好きに育てるたい!」2 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』新井 紀子著



第3回目は、「子どもを本好きに育てたい!」3  秘訣は意外に、「紙芝居」売上ベスト3



第4回目は、「子どもを本好きに育てたい!」4 隠れた名作「カニ ツンツン」(福音館書店 傑作集)



という記事を書かせてもらいました。




今回は、ベストセラーはやっぱり「力」持ってる。



という記事です。




ある日、妻が、本屋で一冊の本を買ってきました。




長男がまだ幼稚園のころだったと思います。




それまで、自分から「この本を買いたい」というのは、


車の本だったり、


音の鳴る、たいこ付の本だったり、


ヒーローものだったのですが、


(これも本に親しむには、いいですよね)


いわゆる絵本を自分から買いたい、ということはありませんでした。




それが「この本買いたい」と長男が、猛烈に主張したのは、


この、エリック・カールの代表作『はらぺこあおむし』だったんです。




そう、あの鮮やかな色彩で「絵本の魔術師」と言われる


ベストセラー絵本作家のエリック・カールです。


正直、おだやかな色使いが好きな私としては、


あんまり私の「買いたい」感じではなかったのですが、


息子は、とってもこの本がお気に入りでした。




でも、これはありがたいことに、


自分の好きな本を見つけた瞬間だったんですね。




親と子で、好きなものが違うのは当たり前のこと、


むしろその子の個性がはっきり現れた瞬間だったわけですね。






それ以来、エリック・カールの本は、何冊も買いました。

あのカラフルな絵が、子どもの心を鷲掴みにするんですね。




しかもエリック・カールの本は、仕掛けがあるんですね。

はらぺこあおむし」は、いろいろな食べ物に、指を入れる穴がありますし、

「パパ、お月さまとって!」は、

月に向かって、降りただんだ絵を伸ばせる仕掛けがあって、素敵な本でしたね。




ちなみに、今年はエリック・カールの『はらぺこあおむし』が誕生して50年だそうです。

その本がいまだに売れ続けているのですから、

すごいことですよね。




なんと、全世界で累計3000万部を販売しているそうです。
そして、60以上の言語に翻訳されているそうですから、

世界中の子どもの心をつかんでいるんですよね。




しかも、調べてみると、この「はらぺこあおむし


おもしろいトピックがいろいろあって、


アメリカではじめて発売された版を印刷・製版したのは日本の会社だったそうです。

 当時、穴を開けたりページを小さく切った仕掛け絵本はコストがかかるため、

 アメリカでは引き受けてくれる会社がなくて、日本の会社が引き受けたそうです。


・「ようちえん絵本大賞」では、第1回(2009年開催)と第2回(2010年開催)で

 2年連続で大賞を受賞したそうです。


最初から、連続受賞って、すごいですよね。




そこで今回は楽天エリック・カール売上ベスト3を紹介します。

一度、買って、リビングの机の上にでもおいておいてください。

知らぬ間に、子どもが夢中になって読んでいると思います。



第1位

はらぺこあおむしボードブック

ボードブックというのは、分厚い表紙になっていて、こどもが扱っても丈夫なので安心な本のことです。



見てください、このレビュー数。


はらぺこあおむし (ボードブック) [ エリック・カール ]

価格:972円
(2019/3/28 11:42時点)
感想(1454件)


感想は、楽天のページを引用すると、

4ヶ月くらいの頃、図書館で通常の紙の方を借りてきて読み聞かせたことがありました。こちらが驚いてしまう程じーっと絵を見て気に入った様子。さすがロングセラー絵本。

家にも置きたいと思い、通常の絵本と迷ったのですがボードブックを購入。結果、こっちにして大正解!
自分でページをめくりたがるのですが、折れ曲がらないボードブックならくしゃくしゃにされる心配もありません。

そして、あおむしがフルーツを食べるページ。絵本に空いた穴に小さな指をすぽっ!ページをめくって今度は両手の指ですぽっ!赤ちゃんの小さな指が、小さな絵本に描かれたフルーツの穴にぴったり収まる姿はなんとも可愛らしくて…。そう言えば、図書館で借りた絵本も穴のフチが広がるように破れていたっけ。きっと息子と同じ事をした子が何人もいたんだろうなーと思うと、何だか笑いがこみ上げてきました。破れないボードブックにして良かった。

初めて息子が「遊んだ」しかけ絵本です。
お気に入りなので、お出かけにもよく持って行きます。これもバッグにいれやすいサイズならではですよね!(ひなっこさん 20代・滋賀県 男の子0歳)


【情報提供・絵本ナビ】




第2位

やっぱり、2位はこれでしたね。


パパ、お月さまとって! (ボードブック


パパ、お月さまとって! (ボードブック) [ エリック・カール ]

価格:972円
(2019/3/28 11:47時点)
感想(84件)




第3位

はらぺこあおむし 英語でもよめる



日本語と英語、両方書いているんですね。

こういう英語の勉強の仕方もあるんですね。



はらぺこあおむし 英語でもよめる [ エリック・カール ]

価格:1,728円
(2019/3/28 11:52時点)
感想(131件)



ちなみに楽天のページには、

一番最初に息子に「はらぺこあおむし」を読んだのはいつなのか記憶がありません。それぐらい良く見る絵本ですし、オススメしてくれる方の多い絵本です。
でも、最初、その魅力がよくわかりませんでした。

何気なく、自分自身が手にとって、読み聞かせとしてではなく、じっくりとよんでみたところ、絵の色の部分がなんとも素敵で、色自体に表情があるような気がします。

今回手に取ったのは英語と日本語と両方で書いてある本です。
日本語の訳の素晴らしさに驚きつつ、英語自体は割と簡単な単語で構成されていて、英語が苦手な私でも大丈夫でした。(ほっぺすきーさん 30代・宮城県 男の子4歳)


【情報提供・絵本ナビ】


というコメントがありました。

私に近い感想ですね。



いやあ、やっぱりベストセラーになる本は「力」持ってると

改めて痛感しました。



以上、子どもを本好きに育てたい、シリーズの5回目でした~。




第1回目「子どもを本好きに育てたい!」オススメ本 0.1.2.えほん (福音館書店
ojisan-chiebukuro.hatenablog.com




第2回目「子どもを本好きに育てるために」2 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』新井 紀子著
ojisan-chiebukuro.hatenablog.com



第3回目「子どもを本好きに育てたい」シリーズ 3回目 秘訣は意外に、「紙芝居」売上ベスト3
ojisan-chiebukuro.hatenablog.com

「子どもを本好きに育てたい」 第4回 隠れた名作「カニ ツンツン」(福音館書店 傑作集)

日差しがかなり強くなってきましたね。


もうすぐお花見シーズンですね^_^



さて、


「子どもを本好きに育てたい」シリーズの4回目です。



さて、子どもに本に親しんでもらうという意味では、



文字というより、絵に興味を持ってもらう、


というのが、とても大事な要素だと思います。




そういう意味では、



幼いときは、まずは文字数は少なく、



絵がおもしろい、




というのが基本だなあと思います。





きょうご紹介する本は、


大人からすれば、「どうして子どもが、こんなに喜ぶのかなあ」


という感じなのですが、


読み聞かせると、必ず笑ってくれるんです。




絵のタッチとか、



言葉のリズムとか



おそらく絶妙なんでしょうね。




その名も、「カニ ツンツン」(福音館書店)。



こどものとも」の傑作集の一冊です。




うちの末っ子なんて、大受けでした。



大人はよくわからないんですが、



声に出して読んでると、なんだか不思議なリズムに



心地よかったのは確かです。






調べると、



著者の金関 寿夫さんは、。神戸大学教授、駒澤大学教授などを歴任された方で


世界の民族の言葉を研究された方です。




出版社の紹介文によると、

種々な民族の言葉と、ご自分の創作の言葉を

コラージュふうに並べた形でできた日本語を超えたことばあそびに、

楽しい色彩が踊る、ユニークな絵本です。


4年前に月刊絵本「こどものとも」の一冊として刊行された時に、

「わけのわからない」という大人たちの戸惑いを尻目に、

子どもたちに爆発的に受け入れられました。

子どもたちはことばの多彩な響きを楽しみとなえ、

笑いながら、ころげながら、この絵本を自分たちの宝物にしていったのです。


まさに私の感想そのままですね(^^)




カニツンツン (こどものとも絵本) [ 金関寿夫 ]

価格:972円
(2019/3/26 20:22時点)
感想(10件)




しかも、おもしろいのは、このイラストは、カニを象徴したものではないんです。



なのに、カニツンツン。



ますます摩訶不思議。



また、絵を書かれたのは、元永 定正さんで、


絵本作家でありながら、前衛美術作家として国内外で高い評価を得て、


芸術文化振興協会賞、日本芸術大賞など多数の受賞歴があるそうです。



意外に知られていない名作、「かに つんつん」。ぜひお試しください。




以上、子どもを本好きに育てたい、シリーズの4回目でした~。






第1回目「子どもを本好きに育てたい!」オススメ本 0.1.2.えほん (福音館書店
ojisan-chiebukuro.hatenablog.com




第2回目「子どもを本好きに育てるために」2 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』新井 紀子著
ojisan-chiebukuro.hatenablog.com



第3回目「子どもを本好きに育てたい」シリーズ 3回目 秘訣は意外に、「紙芝居」売上ベスト3
ojisan-chiebukuro.hatenablog.com